スウェーデン内での移動には、地下鉄やトラムで「SLアクセスカード」が必要です。

紺のカードでACCESSと書いているものは、日本でいうパスモとかニモカのような、プリペイド式の乗車カードです。現地の人はほとんどの人がこのカードで移動をし、定期的にチャージして乗車しています。

スウェーデンの移動「SLアクセスカード」 ©︎Travel Design 北欧

乗車時に、改札にのカードリーダーにカードをあて精算します。バスの正面玄関のすぐ内側、地下鉄と通勤の駅の自動改札機の上、ライトレールの停留所と駅のSLの改札口にそれぞれ端末があり、出るときも同様です。

スウェーデンでは、都市部以外は乗車時や乗り換えに人が居ないことも多く、「チケット検査官」がグループでライトレールの電車や路面電車に乗っています。ベストなどの制服を着た 検査官が来たら、カードを見せるか、機械に充てるかをし、無賃乗車ではない確認をとります。人が見て回るという、ちょっと不効率な気もしますが、それが通例。必ずカードかチケットを持って乗車しましょう。高額な罰金になります。

スウェーデンの移動「SLアクセスカード」 ©︎Travel Design
スウェーデンの移動「SLアクセスカード」ストックホルム チャージ機械 ©︎Travel Design

購入場所は、観光案内所などのチケット販売代理店、SLセンター、駅構内の窓口で、購入時に「SLアクセスカード」と言って、チャージ金額を出せばつけてくれます。カード使用料は初期費用20 SEK(250円)で、数年間、破損しない限りは何度でもカードを課金(チャージ)できます。数日の旅行であれば3000円分くらいは入れておきましょう。現地では「リロード」で通じる場合があります。

※「SL Access ATM」(自動販売機のようなもの)で課金したい場合は、まずSL Accessカードを窓口で購入してから可能です。始めから機械購入はできません。

スウェーデンの移動「SLアクセスカード」ストックホルム 交通MAP ©︎Travel Design

ストックホルム都心部の交通マップです。歩いても近いことが多いので、地下で迷いそうであれば、地上を歩いた方が早いかもしれませんが、観光用の乗り放題券の場合は有効活用しながら、乗車に慣れましょう。

旅行者は使い捨てのトラベルカード1DAY(24H)もあります。ショートトリップには使いやすいです。

スポンサーリンク
おすすめの記事