北欧にはこれでもかというほど、美術館と博物館がありますが、スウェーデンのストックホルムで欠かせない美術館の1つが、スウェーデン国立美術館(National museum)です。スウェーデン政府が、観光客誘致、入場者増加を目標にし、多くの人に見てもらいたいと方針を立てたことから、美術館の入場「無料」となりました。

内壁に黄色やグリーンを使っていることがあり、とても美しい。

One of the indispensable museums in Stockholm is the National Museum of Sweden. As the Swedish government decided admission of National Art Museum became "free".

It uses yellow and green on the walls of the museum is very beautiful.

スウェーデン国立美術館 内壁 National Museum of Sweden ©Travel Design

スウェーデン国立美術館の場所

スウェーデン国立美術館 場所 ©Travel Design

旧市街ガムラスタンを右手に、港の左側に国立美術館はあります。

手前に高級ホテルがあリ、その前には、短い信号と、2階建てバスのインフォメーションセンターやミニコンビニがあります。薄いグリーンの屋根の建物が国立美術館です。ガムラスタンからは歩いて15分ほどです。

カモメがおりこうに並んでいます。

スウェーデン国立美術館 入口 ©Travel Design
スウェーデン国立美術館 2階フロア ©Travel Design

2階のフロアにはイタリアに多くある石膏像の模型(ダビデやラオコーン、円盤を投げる人)などが両サイドに並んでいます。

スウェーデン国立美術館 エレベーター前フロア案内 ©Travel Design

スウェーデン国立美術館のロッカー

スウェーデン国立美術館 地下ロッカー ©Travel Design

基本的に、美術館、博物館の全てで、荷物を持ったままの観覧を禁止しています。おそらくカメラの撮影などはOKでも荷物とかさばる上衣がNGなところの方が多いです。主な理由は、振り返った際、作品にぶつかって危ないからです。荷物を持って観覧を始めると、監視員が近づいてきますので、何を言っているか分からなければ、だいたい荷物と上衣をとりなさいと言っています。ダウンのベストも脱ぐように言われます。

特に、ロッカーは下にあるよとは説明まではしてくれませんが、多くの美術館では地下にダイヤル式のロッカーとお手洗いがあります。利用は無料です。

ダイヤル式ロッカーの使い方

①手荷物と上衣を入れる。

②暗証番号3桁か4桁を決め、ダイヤルを回してセットする。

 ロッカーによってはロックの色が変わる。

③暗証番号とロッカーの番号は絶対に覚えておく。

④取り出しは、暗証番号を押し、反対回りにロックを解除する。

トイレは街中では有料かつ小銭であることが多いので、観光の際は、美術館などで済ませて、ゆっくり見るといいでしょう。

ストックホルム国立美術館 営業日

住所 Södra Blasieholmshamnen 2, 111 48 Stockholm, Sweden
土曜日 11時~19時
日曜日 11時~19時
月曜日 休館日
火曜日 11時~19時
水曜日 11時~19時
木曜日 11時~21時
金曜日 11時~19時
スポンサーリンク
おすすめの記事